派遣の高い時給

最低賃金に近いスーパーのバイトよりはもらえる傾向にあります。

マネキン(派遣)の仕事における給料は時給1000円のところが多いです。また、派遣先の販売店までの交通費も支給されることも多いです(遠出の場合は遠方手当がでたり、タクシー利用が可能な会社もあります)。年末などの繁忙期の場合は期間手当がつくところもあり、基本給から最大で4000円程上乗せしてくれます。中には販売依頼会社や販売先会社から推奨販売の指名を受けることもあり、以上のようなケースは時給がさらにアップされるところもあります。 いずれにしても、どの派遣会社でマネキンの仕事を登録するかによって給料が変わってくるのは言うまでもありません。しかし、一般的にスーパーで直接バイトするよりはマネキン(派遣)の仕事の方が給料はもらえる傾向にあることが言えます。

実は昭和初期から始まった仕事です。

もともとマネキンは1928年3月に東京の上野にて開催された大礼記念国産振興東京博覧会において、高島屋呉服店が「マネキン・ガール」を登場させたのが始まりとされています。つまり、歴史が古い仕事であることがわかります。 マネキンの仕事は販売商品の製造会社に直接契約し、勤務するものもありますが、派遣会社から派遣スタッフとして仕事に携わるものもあります。後者の方が最近の求人でよく見かける仕事となっています。 マネキンの仕事内容は多様化してきており、試食販売を行うものもあれば、景品や懸賞を使って推奨販売を行うもの(酒類の場合)もあれば、商品PRイベントのスタッフとして商品PRに携わるものなど、仕事内容は様々です。

Copyright © 2015 建築業界で働こう~あなたにピッタリの求人あります~ All Rights Reserved. http://f-tpl.com
このエントリーをはてなブックマークに追加